DPT(三種混合)・DT(二種混合)ワクチン接種について

※DPT(三種混合)ワクチンは既に製造中止です※


 DTワクチン(二種混合)は予約の必要はありません。

 


*接種前にワクチンの副反応についてお読み下さい*

【予防接種を受けたあとの一般的な注意点】

  1. 予防接種を受けた後、30分間は待合室にて様子を観察後、帰宅して下さい。
    (重篤な副反応は、接種後、短い時間内に起こるからです。)
  2. 接種後、*生ワクチンでは2〜3週間、**不活化ワクチンでは24時間の副反応の出現に注意して下さい。
  3. 接種当日の入浴を含め、日常生活は普段どおりで結構です。ただし、激しい運動は避けて下さい。
  4. 接種部をこすったり、引っ掻いたりしないで下さい。

 


【DTワクチンについて】
  • 接種後、1〜7日に接種部の腫脹・発赤がみられます。
  • 繰り返し接種すると腫れる頻度が増加し、1回目で15%、4回目では40%の人に接種部の腫れが認められます。
  • 数日で自然に治りますが、小さなしこりが数ヶ月続く事もあります。
  • 発熱が接種後、1回目で1%の人にみられます。
●トップへ戻る      ●ホーム