複数の予防接種の同時接種を実施しています

複数の予防接種の同時接種を実施しています。

ワクチンで予防できる病気(VPD:Vaccine Prevntable Diseases)は、ワクチンで予防するという観点から、今後、日本国内でも接種可能なワクチンの種類が増えたり、その費用が助成されるワクチンが増える見通しです。
その為、日本小児科学会では、(生ワクチンも含む)複数のワクチンの同時接種を勧めています。

※生ワクチンとは・・・ポリオ・BCG・MR・水ぼうそう・おたふくワクチンなど
※不活化ワクチンとは・・・DPT・DT・日本脳炎・小児肺炎球菌・Hibワクチンなど

 

【同時接種について、現在わかっていること】

  1. 複数のワクチン(生ワクチンを含む)を同時に接種して、それぞれのワクチンに対する有効性について、お互いのワクチンによる干渉はない。
    (例外として、コレラ+黄熱ワクチンは、効果が減弱する事が知られています。)
  2. 複数のワクチン(生ワクチンを含む)を同時に接種して、それぞれのワクチンの有害事象や、副反応の頻度が上がることはない。
  3. 同時接種において、接種できるワクチン(生ワクチンを含む)の本数に原則制限はない。

【同時接種した時の考えられる利点】

  • 保護者の時間的・経済的負担が軽減する。
  • 子供たちがワクチンで予防される疾患から早期に守られる。
  • 各ワクチンの接種率が向上する。

接種できる時期になったら、できるだけベストのタイミングで予防接種を受ける事が重要です。
接種スケジュールを参考に担当医とご相談の上、スケジュールを立てて下さい。


以上のことより、当医院でも生ワクチンを含めて複数のワクチン接種を行います。

ご希望の方は、診察やワクチン接種の時などに母子手帳や、ワクチン接種の用紙をご用意いただき、原みさ子の外来時にご相談下さい。 

接種スケジュールはこのページの下からダウンロードできます
             ↓   

予防接種スケジュール(PDFファイル)
●トップへ戻る      ●ホーム