A型肝炎ワクチン接種について

接種をご希望の方は、診察の上、ワクチンのご予約をお願い致します。

【A型肝炎とは】

A型肝炎ウイルスに汚染された水や野菜、魚介類を摂取すると、A型肝炎に感染し3-7週後に発病します。 

 

 

 【症 状】

はじめは風邪に似た症状(だるさ、疲労感、熱)に続き吐き気、腹痛、下痢、黄疸が見られます。

 

 

 【経過・予後】

1-2ヶ月で治癒することが多いのですが、時に劇症化することがあります。

 

 

 【流行地域と年齢的特徴】

上下水道や水洗便所の普及していない地域で流行します。
40才以下の日本人は、ほとんど抗体を持っておらず、流行地へ渡航することで感染の危険があります。 

アジア、アフリカ、中南米などの発展途上国へ渡航される方、または移住される方は接種をお勧めします。



【 接種対象年齢】

WHOでは1才以上の小児への接種が推奨されています(アメリカでは定期接種になっています)。
日本でも2013年3月より、1才以上の方にワクチン接種が受けられるようになりました。 

 

 

【費用・間隔】

3回(1回目、2-4週間後、24週間後)
1回8640円 

 

 

 【副反応】

局所の発赤1.0%、発熱0.6%、頭痛0.5%など

 

 

【予防接種を受けたあとの一般的な注意点】*接種前にワクチンの副反応についてお読み下さい*

  1. 予防接種を受けた後、30分間は待合室にて様子を観察後、帰宅して下さい。
    (重篤な副反応は、接種後、短い時間内に起こるからです。)
  2. 接種後、*生ワクチンでは2〜3週間、**不活化ワクチンでは24時間の副反応の出現に注意して下さい。
  3. 接種当日の入浴を含め、日常生活は普段どおりで結構です。ただし、激しい運動は避けて下さい。
  4. 接種部をこすったり、引っ掻いたりしないで下さい。

 

●トップへ戻る      ●ホーム