水痘ワクチンは、平成26年10月より定期接種になりました

 

【回数】

  • 2回接種

生後12か月~15か月になるまでに1回目を行い、2回目は1回目接種後6か月~12か月の間隔をあける。

 

 

【対象者】

  •   1歳~3歳の誕生日前日まで 

 

 

 

【水ぼうそうの病気の説明】

詳しい病気の説明はコチラ

蚊に刺されたような発疹が全身に広がり、時に発熱を伴います。大変感染力が強く、家族内や、集団生活での感染が目立ちます。多くは、軽症ですが、時に、脳炎の原因になったり、アトピー性皮膚炎のある方は、とびひを併発することがあります。

 

  

【予防接種を受けたあとの一般的な注意点】*接種前にワクチンの副反応についてお読み下さい*

  1. 予防接種を受けた後、30分間は待合室にて様子を観察後、帰宅して下さい。
    (重篤な副反応は、接種後、短い時間内に起こるからです。)
  2. 接種後、*生ワクチンでは2〜3週間、**不活化ワクチンでは24時間の副反応の出現に注意して下さい。
  3. 接種当日の入浴を含め、日常生活は普段どおりで結構です。ただし、激しい運動は避けて下さい。
  4. 接種部をこすったり、引っ掻いたりしないで下さい。

 

●トップへ戻る      ●ホーム