日本脳炎ワクチンを受けましょう!(積極的勧奨になりました。)

 平成28年4月1日 更新

平成17年度から平成21年度にかけての日本脳炎予防接種の積極的勧奨の差し控えにより接種を受ける機会を逃した方で、接種が完了していない方は、未接種分を公費で接種できます。

平成29年5月現在、ワクチンの在庫はございません。ワクチンのご予約の上お越しください。

【特例対象者】

  1. 平成7年4月1日〜平成19年4月1日生まれ(20歳の誕生日の前々日まで)
  2. 平成19年4月2日から21年10月1日生まれの方で、Ⅰ期の予防接種が終了していない方

 

※予診票は、各保健センター・区役所子育て支援課母子保健係でお渡ししています。母子健康手帳をお持ちのうえ最寄りの窓口までお越しください。

 

 

【一度も日本脳炎ワクチンを接種したことがない場合】3歳~7歳6か月までのお子さん

第1期は、1回目と2回目と追加接種があります。
※1回目と2回目の間隔は1週間空ければ可能ですが、4週間が理想です。
第1期の【追加】の接種は、1回目から1年後です。

 

 〈接種方法〉
定期接種の用紙は、期限内であればそのままご使用頂けます。

 


【全部で4回の接種を受けていない場合】9歳~13歳のお子さん

ここ数年、積極的接種が控えられていた第2期接種などの影響で、年齢によっては全部で4回の接種を受けられていないお子さんが、いらっしゃいます。
ワクチンも当時のものではなく新しくなり、ワクチンも積極的勧奨になりました。

 

〈接種方法〉
以前からお持ちの定期接種用の用紙は、ご使用になれません。
区役所か所轄の保健センターへ【母子手帳】などの記録をお持ちになり、新しい用紙をもらってください。

 

 

【予防接種を受けたあとの一般的な注意点】*接種前にワクチンの副反応についてお読み下さい*

  1. 予防接種を受けた後、30分間は待合室にて様子を観察後、帰宅して下さい。
    (重篤な副反応は、接種後、短い時間内に起こるからです。)
  2. 接種後、*生ワクチンでは2〜3週間、**不活化ワクチンでは24時間の副反応の出現に注意して下さい。
  3. 接種当日の入浴を含め、日常生活は普段どおりで結構です。ただし、激しい運動は避けて下さい。
  4. 接種部をこすったり、引っ掻いたりしないで下さい。

 

 

【日本脳炎ワクチンについて】

接種後2日以内に、10%の人に接種部の発赤・腫れを、1%の人に発熱が認められます。

 

●トップへ戻る      ●ホーム