小児用肺炎球菌ワクチン(プレベナー:PCV)接種について

 

【肺炎球菌とは】

肺炎球菌は、細菌性髄膜炎・菌血症・肺炎・中耳炎といった病気を引き起こします。
これらの病気は他の細菌や、ウィルスが原因の事もありますが、菌血症では80%、肺炎では30%、細菌性髄膜炎では20〜30%が、肺炎球菌が原因となっています。

子供の細菌感染の原因の多くが、肺炎球菌とインフルエンザ杆菌によるものです。
特に、細菌性髄膜炎は、インフルエンザ杆菌ワクチン(ヒブ)と肺炎球菌ワクチン(プレベナー)の接種により、発症を10分の1に減らす事ができます。

 

 

【実 績】

2013年現在、約120ヶ国で使われ,69ヶ国で定期接種に導入されています。
日本でも、平成25年4月より定期接種になり、平成25年11月に13価のワクチンが導入されました。
2007年、WHOは小児用の肺炎球菌ワクチンを世界中で定期接種にする様、推奨。

 

 

【対 象】

生後2ヶ月〜5歳の誕生日の前日まで。
年齢により、接種回数が異なります。

 

 

【費 用】

無料(23区内に在住の方)

 

 

【予 約】

不要

 

 

【予診票】

杉並区は当面、医療機関設置の用紙を使用
平成25年3月1日以降の出生児に対しては、予診票が郵送されますのでご持参下さい。

 

 

【他のワクチンとの接種間隔について】

生ワクチンとは、27日以上の間隔
不活化ワクチンとは、6日以上の間隔を空けてください。
他のワクチンとの同時接種も可能ですが、ご希望の方は、事前にご相談下さい。

 

 

【平成25年10月末すでに定期接種を終了している方:補助的追加接種】

平成25年10月末、すでに定期接種を終了している場合、13価のワクチンを1回追加接種することにより、新たな6種類の肺炎球菌に予防効果があります。任意接種となる為、全額自己負担になります。
費用:1回10370円 
対象年齢:6歳未満 

 

 

【副反応について】

5%以上の人に接種部の発赤・食欲不振などの症状や、鼻咽頭炎などの感冒様の症状の報告があります。

 


 

【接種不適合者】

一般のワクチンとほぼ同じです。

 

【 年齢と接種回数 】
対象年齢 初回免疫 追加免疫 合計
2ヶ月以上
7ヶ月未満
27日以上の間隔で
3回接種 生後24か月まで。 2回目が12ケ月を超えた場合3回目は接種しない
 3回目終了後、
 60日以上空けて
 1歳以上できれば1歳3ヶ月までで
1回接種
4回
 7ヶ月以上
12ヶ月未満
27日以上の間隔で
2回接種 生後24か月まで。
 2回目終了後、
 60日以上空けて
 1歳以上の年齢で
1回接種
3回
12ヶ月以上
24ヶ月未満
60日以上の間隔で2回接種 2回
24ヶ月以上
6歳未満
1回接種のみ 1回
●トップへ戻る      ●ホーム