子宮頸がんを予防するワクチンについて

平成25年4月1日

子宮頸がんとは

子宮頸がんは、女性特有の【がん】としては、乳がんに次いで多く、年間15,000人が発症し、3,500人が死亡しているとされています。
特に最近は、妊娠出産年代の、20歳代、30歳代の患者数が増加し、問題になっています。

 

【原 因】

ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で、性交渉により感染します。
感染しても、多くは自然にウイルスが排除されますが、長く体内に残っていると、数年から数十年かけて【がん】化していくと考えられています。
感染前(性交渉前)のワクチン接種により、子宮頸がんになる人を70%減らせると言われています。
また、ワクチン接種と検診(感染から発症までにタイムラグがあるので)により、子宮頸がんは、ほぼ100%予防可能な疾患となっています。

【子宮頸がんワクチンについて】

サーバリックス ガーダシル
子宮頸がんの予防。
その効果は、ガーダシルと同等、または、それにやや優るという報告があります。
子宮頸がんの予防及び、
尖圭コンジローマというイボ(良性腫瘍)の予防。
接種回数:3回

通常は、
初回→1ヶ月後2回目から5ヶ月後

間隔があいてもきちんと回数を接種することが重要です。
接種回数:3回

通常は、
初回→2ヶ月後2回目から4ヶ月後

間隔があいてもきちんと回数を接種することが重要です。

11〜14歳  26歳までが対象。
(それ以降の年齢にも一定の有効性あり)
9歳以上が対象。
ワクチンについて詳しくはコチラから ワクチンについて詳しくはこちらから

【料金について】

3回接種で51840円。初回接種時にお支払いして頂きます。
途中でワクチンの種類の変更はできません。



【定期接種になりました】

平成25年4月より定期接種になりました。
23区にお住まいの方は無料で接種いただけます。 

ワクチンを確保致しますので、お電話や、窓口にて事前にご予約をお願い致します。

 

【副反応について】

接種部位の腫れや、痛みが高頻度に認められます。また、痛みのため、他のワクチンより失神めまいの頻度が高いと報告されています.
平成25年3月、子宮頸がんワクチン接種後、 複合性局所疼痛症候群を発症したとして被害者の会が出来ました。
詳しくはコチラから 

副反応について、十分な検証が済んでいませんので、ワクチン接種に際して、事前に保護者の方が原みさ子とご相談頂き、ワクチンを予約の上、接種にお越し下さい。接種後30分は、いすに座っての経過観察が必要です。
午前は11時半、午後は18時までに受付窓口に起こし下さい。時間を過ぎると接種できないことがございます。

●トップへ戻る      ●ホーム