ヒブワクチン(Hib)接種について

 

【インフルエンザ菌b型(Hib)とは】

主に5歳未満の乳幼児に髄膜炎、肺炎、敗血症を引き起こす重篤な感染症です。
特に、インフルエンザ菌性髄膜炎は、その5%が死亡、25%に後遺症が残る、予後の悪い病気で、年間600人の発症があります。(5歳未満の小児)

子供の細菌感染の原因の多くが、肺炎球菌とインフルエンザ杆菌によるものです。
特に、細菌性髄膜炎は、『インフルエンザ杆菌ワクチン(ヒブ)』と『肺炎球菌ワクチン(プレベナー)』の接種により、発症を10分の1に減らす事ができます。

 

 

【実 績】

すでに世界100ヶ国以上で使われ、H25年4月より定期接種になりました。

 

 

【対 象】

2ヶ月以上〜5歳の誕生日の前日まで。年齢により、接種回数が異なります。

 

 

【費 用】

無料(23区内に在住の方)

 

 

【予 約】

不要

 

 

【予診票】

杉並区は当面、医療機関設置の用紙を使用
平成25年3月1日以降の出生児に対しては、予診票が個別に郵送されますのでご持参下さい。

 

 

【他のワクチンとの接種間隔について】

生ワクチンとは、27日以上の間隔
不活化ワクチンとは、6日以上の間隔を空けてください。
他のワクチンとの同時接種も可能ですが、ご希望の方は、事前にご相談下さい。



【副反応について】

 接種7日後までの半数の人に、接種部の発赤・腫脹の局所症状がでたり、不機嫌がみとめられるお子さんが9%でした。

 

 

【接種不適合者】

一般のワクチンとほぼ同じです。

 

 

 

【 年齢と接種回数 】
対象年齢 初回免疫 追加免疫 合計
2ヶ月以上
7ヶ月未満
4〜8週間の間隔で
3回接種。1歳を超えたら、初回接種は終了
 初回接種終了後7ヶ月以上あけて。5歳未満まで
4回
 7ヶ月以上
12ヶ月未満
3〜8週間の間隔で
2回接種。1歳を超えたら、初回接種は終了
 初回接種終了後7ヶ月以上あけて。5歳未満まで
3回
1歳以上
5歳未満
通常1回接種のみ 1回
●トップへ戻る      ●ホーム