インフルエンザワクチン接種について

*接種前にワクチンの副反応についてお読み下さい*

【予防接種を受けたあとの一般的な注意点】

  1. 予防接種を受けた後、30分間は待合室にて様子を観察後、帰宅して下さい。
    (重篤な副反応は、接種後、短い時間内に起こるからです。)
  2. 接種後、*生ワクチンでは2〜3週間、**不活化ワクチンでは24時間の副反応の出現に注意して下さい。
  3. 接種当日の入浴を含め、日常生活は普段どおりで結構です。ただし、激しい運動は避けて下さい。
  4. 接種部をこすったり、引っ掻いたりしないで下さい。
 
 
 


【インフルエンザワクチンについて】

接種後、まもなく接種部の腫脹・発熱・だるさ等が認められますが、接種部の腫れ以外は、副反応の発生頻度は高くありません。
明らかな、卵アレルギーのある人は、アレルギー症状を引き起こす事があります。

●トップへ戻る      ●ホーム