プール熱(咽頭結膜熱・いんとうけつまくねつ)

夏になると喉が痛み、結膜炎を起こし高熱が続く、咽頭結膜熱がはやります。
プールを介して流行することも多く、プール熱と呼ばれます。

 

【原 因】

夏かぜの一種で、アデノウィルスが原因です。

 

【潜伏期間】

5~6日

 

【症 状】

高熱が3〜5日続き、喉の痛みなどで食事がとれず、頭痛も強く全身状態が悪くなります。
眼の症状としては目の充血、目やに、涙目になります。
首のリンパ腺が痛みを伴って腫れることもあります。
感染力が強く、家族内でもうつりますので注意が必要です。

 

【罹患年齢】

幼児〜小学生に多い病気ですが、家族内感染で大人にもうつる事があります。

 

【予防方法】

手洗い、うがいをする。プール後、シャワー時などにタオルの貸し借りをしないなどの一般的な注意が必要です。

 

【治 療】

熱に対する治療、眼科的治療といった対症療法が主ですが、高熱の持続と食欲低下で全身状態が悪くなることがあります。
この場合は早目に受診して下さい。

 

【登校許可】

症状が消えれば3日目から登校できます。

●トップへ戻る      ●ホーム