感染性胃腸炎(流行性嘔吐症・嘔吐下痢症)

【症 状】

突然の嘔吐とそれに引き続いて起こる腹痛や下痢が特徴です。
発熱を伴うこともあります。
原因となる菌が何種類もあり、原因によって主だった症状が異なり、症状によって、流行性嘔吐症、嘔吐下痢症と呼ばれたり、冬に多いロタウイルスの場合は、下痢が白くなり白色便下痢症と言われることもあります。

 

【経 過】

数日〜1週間で回復しますが、その間、脱水にならないように注意が必要です。

 

【原 因】

多くはウイルスによるもので、秋口から冬にかけて、比較的幼児と小学生に多いノロウイルスが3割、冬場、特に乳幼児に多いロタウイルスが5割、及び年間を通じて見られるアデノウイルスなどが、原因として挙げられます。
細菌によるものでは、発熱・血便を伴うことが多く、病原性大腸菌サルモネラ・カンピロバクタなどがあります。

 

【感染経路】

ノロウイルスの原因の1つとして生ガキや寿司、サラダといったものがあげられます。
排出された便を介して、家庭内、調理場で二次感染する可能性が高く、下痢をした時には、よく手を洗い、周囲への二次感染を防ぐ努力が必要です。

 

【潜伏期間】

感染力が強く1〜2日で次々と家庭内感染を引き起こします。

 

【治 療】

脱水予防が重要です。
薄い番茶、スポーツドリンク、果汁など水分補給と、おしっこの量に気を配って下さい。
点滴が必要な場合もあります。
おしっこの出が悪く、ぐったりして元気のない場合などは早めに診察を受けて下さい。

●トップへ戻る      ●ホーム