細気管支炎

【症 状】

1才前後の乳幼児に、冬にゼーゼーを伴う咳がみられ、1〜2日でゼーゼーが強くなります。
多くは数日で改善しますが、時に呼吸困難を引き起こし、入院を要する事があります。

 

【原 因】

RSウィルス感染症

 

【好発年令】

1才前後の乳幼児がほとんどです。

 

【好発時期】

ほとんどが12〜1月頃に発症。

 

【まぎらわしい病気】

気管支喘息と同じ症状ですが、吸入の効果があまり無く、細気管支炎は集団で発症します。
(周りに同じような子が多いのが特徴です。)

 

【注意点】

食欲・ごきげん・睡眠・発熱などの全身症状に気をつけましょう。
2〜3日中に症状が悪化する場合は、時に入院を要する事があります。

●トップへ戻る      ●ホーム