乳幼児期(生後6ヶ月~)からの視力スクリーニング機器を導入しました

視力スクリーニング検査(スポットビジョン)とは

生後6ヶ月以降の乳幼児から、大人までの視機能上の問題を迅速かつ的確に検知する事を目的に開発されました。膝に座っているだけで、写真を撮るように測定が完了します。
早期に弱視、斜視を発見し、早期に治療を開始する事により将来弱視になる事を予防し、視機能の発育を助ける事が期待できるようになりました。

                             

弱視とは   

  1. 視力は、ことばや歩行などと同じく、成長に従ってだんだん獲得する能力です。0歳では0.1ぐらいの視力しかなく、3歳ごろに大人と同じ視力に達するとされます。ただし、それを表現できるのは、4歳ごろになります。この視力の成長期に、何らかの邪魔が入って正常な視力の成長が止まってしまい、眼鏡をかけても見えない状態を『弱視』と呼びます。
  2. 視力の成長は、他の成長と同じくいつかは止まり、感受性期を過ぎると治療に反応しにくくなります。早期に治療を開始するほど、治療に反応して視力が改善していきます。(5歳までに弱視の治療を開始する事が望ましいと言われています。)
  3.  早期発見、早期治療で治療可能な事がほとんどです。

                              

                             ≪日本眼科学会ホームページを参照≫

検査対象者

6~7か月健診、9~10か月健診、1歳6ヶ月健診、入園時健診時に全員に実施しております(無料)
遠視、近視、乱視、不同視、斜視、瞳孔不同を測定できますので、視力低下や、斜視などを心配されている方もご相談ください。

 

 

 

●トップへ戻る      ●ホーム