感染性胃腸炎予防のために

晩秋から春にかけて、感染性胃腸炎が増加します。
以下の点に気をつけて、感染を予防しましょう。
感染者が周りに出た時、人から人への二次感染を防ぐ為に参考にして下さい。

 

【人から人への二次感染を防ぐために】

《ご家庭や保育園、学校などでは》

  1. 嘔吐物や、ふん便で汚れた衣類等を片付ける時は、ビニール手袋、マスク等を使用しましょう。
  2. 嘔吐物や、ふん便で汚れた衣類等は、他の衣類とは分けて洗いましょう。
  3. 嘔吐物などの片付けに使った用具や雑巾類は、塩素系漂白剤でつけ置き洗いをしましょう。
  4. 嘔吐物などで汚れた床は、塩素系漂白剤を含ませた布で被い、しばらくそのまま放置して消毒しましょう。
  5. 汚物の片付けが終わったら、しっかりと手を洗い、うがいをしましょう。

 

【日常生活での注意】

  1. 食品の加熱処理:食品の中心を85℃以上で1分以上加熱してから食べましょう。
  2. 調理台等は、※次亜塩素酸ナトリウム溶液を薄めて(原液6%の場合は、300倍に薄める)、浸すように拭きましょう。
  3. まな板・包丁・食器・ふきん・タオル等は、熱湯(85℃、1分以上)での加熱も有効です。

※次亜塩素酸ナトリウムとは・・・ハイター・ブリーチ・ミルトン・ビューラックス等

●トップへ戻る      ●ホーム