子供の鼻出血

子供の鼻出血の多くは、鼻の出口の近くにあるキーゼルバッハと呼ばれる細かい血管がたくさん集まった場所からの出血です。
すぐに出血が止まればあまり心配ありません。

 

【原 因】

〈アレルギー性鼻炎〉
アレルギー性鼻炎の特徴的な症状の1つが鼻出血といわれています。

 

〈乾燥性鼻炎〉
カゼなどで鼻の粘膜が乾燥しておこります。
子供たちでは、時に白血病や血小板減少症など血を止める働きがおちて、鼻出血になることがあります。

  • 出血がなかなかとまらない、鼻出血以外にも顔色が悪い、体に出血斑ができた時は血液検査が必要です。
  • 大人では高血圧や上顎洞癌、肝機能障害のための出血傾向など重篤な病気があるので注意が必要です。

 

【治 療】

枕などで頭を高くして横にさせ、目と目の間・鼻のつけ根を冷やすと効果的です。
鼻の中にやわらかな綿花を入れ圧迫します。綿花を通して血が流れ落ちるようなら交換します。

出血がなかなか止まらない時、繰り返す時は小児科と耳鼻科を受診してください。

●トップへ戻る      ●ホーム