先天性股関節脱臼

 

【原 因】

先天性と名がつきますが、先天性は少なく、元々緩い関節(家族性があります)の赤ちゃんが、生後、関節の運動が制限される事によって起こります。

育児の仕方で脱臼を減少させる事ができ、育児指導の徹底で一時期の10分の1以下になっていると言われています。

 

【予 防】(育児のポイント)

  • 股関節の開きを制限しない。
  • 赤ちゃん本人が足をよく動かせるような服装にする
  • 紙オムツの使用(三角オムツを使わない)
  • ゆったりオムツの使用
  • だっこする時は、コアラ形のだっこ(向かい合わせだっこ)
  • 生後3ヶ月迄は、ベビースリング(帯状の布で肩がけするだっこ紐)を使用しない ※斜めだっこになってしまう為
  • 開きが悪いからといって、大人が無理に股関節を開く体操をしたり、両足を伸ばしたりしない
  • 筋性斜頚があって寝ている時、体が曲がっていると脱臼しやすくなるので下をタオルで支える等、斜位姿勢を取り除くように心掛ける

 

【症 状】

  • 女子に多く、片側性(片方の足のみ)が大半です
  • 足の開きが悪く、開きに左右差がある
  • 太もものシワに左右差がある。
  • 足の長さが違う。

症状の軽いお子さんは、(一歳半頃になって)『歩けない』『びっこをひく』『お尻を振って歩く』といった症状で気付かれる事もあります。

生後3ヶ月頃迄は、治療を開始する事がないので、4ヶ月検診で診察を受けましょう。
生後6ヶ月頃には、より分かり易くなっていますが、心配な方は整形外科の受診をお勧めします。

お勧めサイトはコチラ

 

(清瀬小児病院 整形外科医長 下村哲史先生の講演会がありました。)

●トップへ戻る      ●ホーム