あせも(汗疹)

 高温と湿気の為、汗が皮膚の外に出られず、皮膚の中(汗管)に溜まり炎症を起こした状態を『あせも』と呼びます。

 

【発疹の形】(タイプ)

〈水晶様汗疹〉
細かい水泡が身体やひじの内側、膝の内側にでき、痒みも殆ど無く数日で治るタイプ。
あまり見る事が無く、治療を必要としない。

〈紅色汗疹〉
少し盛り上がった赤みを伴う1〜2mmの発疹です。
普段よく見るあせもと呼んでいるのは、このタイプです。

 

【好発部位】

首の回り、胸、脇の下などの汗がたくさん出る部位。

 

【原 因】

  • 外気の温度が高い、湿度が高いという日本の夏の環境のため
  • 時に、発熱のため

 

【治 療】

  1. 日常生活の注意
    外気温、湿度に気をつけ、汗をかき過ぎないように。
    汗をかいたら、シャワーなどで早めに清潔にしましょう。
    通気性、吸収性の良い服の着用を心掛けましょう。
  2. ステロイド外用剤
    痒みを伴い、かいてしまうと二次的に湿疹化(汗疹性湿疹)します。
    あせもが出来たと言って受診するのは、この状態になっている事が多いです。
    この場合、ステロイド外用薬の治療が必要となります。
  3. 抗ヒスタミン剤の内服
    ひっかいて悪化する場合、痒み止め(抗ヒスタミン剤)の内服が効果的です。

 

【あせものより(多発性汗腺膿瘍)】

後頭部や、首の汗管に黄色ブドウ球菌が感染し、痛みを伴う皮膚の表面から盛り上がった『しこり』になります。
乳幼児に多く抗生物質の内服、外用の治療が必要です。

 

【汗疹性膿痂疹(かんしんせいのうかしん)】

後頭部や、首の汗管に黄色ブドウ球菌が感染し、痛みを伴う皮膚の表面から盛り上がった『しこり』になります。
乳幼児に多く抗生物質の内服、外用の治療が必要です。

●トップへ戻る      ●ホーム