成人男性の風疹定期予防接種・抗体検査について 

 風しんの流行拡大を受け、抗体保有率が低い昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性が、風しんに係る定期の予防接種の対象者として追加されました。

なお、風しん定期予防接種の前提として、風しん抗体検査を受け抗体価が低いことなどの条件があります。対象の方には、区よりクーポン券が発送されます。


 【対象者】

1962年(昭和37年)4月2日から、1979年(昭和54年)4月1日生まれの男性で検査及び 
接種当日クーポン券と住民票が同一の方


 【有効期限】

2019年4月から2022年3月31日までの3年間有効(クーポン券記載の有効期限)


【費 用】

無 料

                     

【予防接種】

抗体検査の結果、抗体価の低かった方へ実施します。
HI法:8倍以下〈希釈倍率〉EIA法:6.0未満〈EIA価〉
※平成26年(2014年)4発1日以降、抗体検査を受けたことがあり(
上記検査値未満)の方は、
その検査結果を持参されますと、今回の抗体検査を受けずに予防接種を受ける事が出来ます。 


【必要書類】

クーポン券、本人確認書類(免許証・マイナンバーカード・健康保険証等)
※対象年生まれの方でクーポン券が届かない方は、お住まいの市区町村にお問合わせ下さい。

 

風疹定期予防接種、及び予防接種について詳しい情報はコチラから              

 

【風疹とは】

咳、鼻水などの風邪様の症状とともに、かゆみを伴う細かい発疹が
でます。首の後ろのリンパ節が腫れるのが特徴です。妊婦がかかると
先天性風疹症候群を引き起こすことがあります。

【先天性風疹症候群】

妊娠4ヶ月以内に母親が風疹にかかると、おなかの赤ちゃんに影響を
及ぼし、白内障、心臓病、難聴、発達遅滞などの症状を引き起こす事が
あり、先天性風疹症候群と呼ばれます。

 

 詳しい病気の説明はコチラから

 

●トップへ戻る      ●ホーム