2ヶ月から始める(0歳児の)予防接種スケジュール

生後7カ月までに接種しておきたいワクチンは、B型肝炎、ロタ、ヒブ、肺炎球菌(プレベナー)、BCG,DPTーIPV(4種混合)の6種類、接種回数は15~16回になります。生後2か月になったら、ワクチン接種を開始しましょう。

初回接種前に、ワクチンスケジュールについて、原みさ子の外来でご相談の上、お越し下さい。ご相談は生後2か月以前、ご両親のみの来院で結構です。 

お勧めサイトはこちら

 

 

【接種開始にあたり、以下の点にご注意ください】

(それぞれのワクチンについては、予防接種のページをご覧ください。)

  1. B型肝炎、ヒブ、肺炎球菌(プレベナー)、BCG,DPT-IPV(4種混合)は定期接種で無料
  2. ロタは任意接種で自治体により助成があります。
  3. ロタ、BCGは生ワクチンでその他は不活化ワクチンです。
  4. 生ワクチン接種後4週間は、別のワクチンが接種できません。
  5. 生後7カ月までに終了が必要な生ワクチンはロタ2(から3)回、BCG1回の合計3~4回です。この生ワクチンの日程を基礎にワクチン接種スケジュールを作りましょう。
  6. 月令が小さいほど重篤になりやすい、細菌性髄膜炎予防ワクチン【ヒブ、肺炎球菌の2種類】から、接種を開始しましょう。
  7. 病気の重篤度、ワクチンの有用性、副反応を考慮し、ロタを希望の方は、1回目接種を生後3ヶ月以内、BCGより先に、ヒブ、肺炎球菌の間(または同時に)に終了しましょう。ロタ接種希望の場合、日程上、一部ワクチンとの同時接種が必要です。
  8. ヒブ、肺炎球菌、DPT-IPV(4種混合ワクチン)は不活化ワクチンです。初回接種はそれぞれ3回、およそ1カ月ずつあけて接種が必要です。同時接種も行えます。
  9. BCG接種までに、0歳時に接種すべきワクチンを2回以上できれば3回(すべて)終了しているのが望ましいです。
  10. B型肝炎は生後すぐから接種できます。他のワクチンとの同時接種も行っていますが、0歳時に接種すべき他のワクチンの接種が完了してから接種を開始しても構いません
  11. 単独の不活化ポリオ(注射)、ロタリックス(2回接種のもの)は予約をお願いします。詳しくはコチラから
  12. 平成24年11月から、DPTとポリオの4種混合ワクチンが開始になりました。すでにDPT接種を開始している方は原則対象外です。

 

ご不明の点、ご質問は、原みさ子の外来でご相談下さい。

●トップへ戻る      ●ホーム